日焼け止めを利用した日焼け対策

紫外線対策として日焼け止めクリームを塗る方法がありますが、身体の内部からケアをするという手法もあります。多くの人が、日焼けどめクリームをつけることで紫外線対策を行っています。日焼け止めクリームの注意点として、時間の経過や発汗に伴ってクリームが剥がれてしまうので、塗り直しが必要になります。強い日焼け止めクリームほど効果は長く続きますが、しかしその分肌へのダメージになりますので、注意が必要です。普段から使う日焼けどめクリームと屋外にずっといる日の日焼け止めクリームは別に用意するという方法もあります。水に溶けないオイルタイプの日焼け止めは、海に泳ぎに行く日など、濡れても大丈夫な時に利用できます。紫外線対策としては、身体の内部からのケアを施しておくことで効果がより高まります。ビタミンCは、肌を黒くするメラニン色素の生成を防ぐ効果があります。日焼けは、紫外線を肌に浴びた時に肌がメラニン色素を生成して紫外線を遮ろうとすることですので、ビタミンCは日焼け止めとしての効果が得られます。ビタミンCは果物や野菜など身近な食材に多く含まれていますが、水溶性なのでとりだめがきかず、摂りすぎると尿や汗になって排出されます。ビタミンCを摂る時には、毎日ちょっとずつ摂取することが大切になります。最近は、ビタミンCのサプリメントで身体が必要としている栄養成分を得るという方法もありますので、日焼け対策をしたい人には適しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。