シミやたるみが気になる時には光フェイシャルがおすすめ

美容効果のある光をお肌に照射することで、肌の状態を整える光フェイシャルを行う人は多いようです。光フェイシャルに使用している光はさまざまな波長の光が組み合わせられているので、肌へのダメージがほとんどありません。一方、レーザー光の場合は単一の波長の光を使用しているので、肌へのダメージが大きいのです。お肌は、ターンオーバーによって、常に新しい細胞へと切り替わっています。新しい皮膚を生成することで、傷ついた古い皮膚を取り除けることが、ターンオーバーの利点です。お肌にしみやたるみが増えるのは、ターンオーバーが停滞ていることで、傷ついた皮膚や古い皮膚を取り除くことができなくなるためです。光フェイシャルを施すことで、お肌のターンオーバーが活発になるよう働きかけてくれるので、新しい皮膚がつくられやすくなります。また、光フェイシャルにはコラーゲンを活性化させる働きもあるといわれています。肌の真皮層に存在するコラーゲンは、肌の弾力やハリを保つ役目をしていますが、コラーゲンは加齢によって減少してしまいます。コラーゲンが減少した皮膚は、弾力かなくなってたるみやすくなり、シワが目立って老けて見えるようになります。エステでは、ターンオーバーを促進する光を照射することで、皮膚のコラーゲンを増やし保湿力を高めます。エステなどで光フェイシャルを受けることで、肌トラブルの改善に取り組んでください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。